2008/3/12 水曜日

天然の原材料は環境破壊につながる?

Filed under: コミュニティの議論から — support @ 9:29:52

伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワークでは、伝統的工芸品の生産に使用される、原材料や生産用具について、情報交換を行なうためのコミュニティを運営しています。

最近の話題は「環境破壊」をめぐる議論

Tさんから、最初にこんな提議がありました。

「産業である以上需要があれば生産を増やして供給することになりますが、こうした産業が天然の原材料を使うというのは、環境破壊に繋がるのでしょうか?
徳川吉宗の時代にも、藩の経済立て直しのために山林の木を切って生活用品を作ったことが、台風時の洪水を招いたといわれます。」

天然の原材料を使用する工芸品の生産と、枯渇が心配される天然資源の保存とは、バランスをとるのが難しい問題ですね。

これにたいして、Kさんからよせられたコメント。

「天然原材料に勝るとも劣らない素材を開発することは、今の科学技術力なら出来るのではないでしょうか。」

なるほど、新素材の開発が解決策になるかもしれませんね。

でも一方で、伝統的な工芸品の魅力のひとつは、天然自然の素材がもつ手触りや風合いにあるともいえます。これは科学技術では太刀打ちできない自然のデザイン力といえるかもしれません。

しかし、その自然が破壊され、原料が枯渇してきているとしたら….。

なんだかもとの問題に逆戻りしてしまいました。

伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワークでは、工芸品づくりにかかわる様々なテーマで意見交換や情報交換を行なっています。

伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワーク
http://www.kougei-net.jp/

あなたのご意見をぜひおきかせください。

 

2008/3/8 土曜日

平成18年度「伝統的工芸品産業調査報告書(経済産業省委託調査)」より[4]  〜調達が難しい生産用具〜

Filed under: 平成18年度の調査より — support @ 9:25:36

このブログでは、平成18年、経済産業省の委託事業により全国の伝統的工芸品の産地にアンケート調査した「伝統的工芸品産業調査報告書」から、気になるトピックを紹介しています。

調達が難しい生産用具は?

アンケート調査によると、回答196産地のなかで、(生産用具の調達に)「問題を抱えている」と回答した産地が37産地(18.9%)ありました。

織物では織機・部品や竹おさなどの調達に問題があるという回答があったほか、和紙では簀桁など手漉き用の道具、漆器では蒔絵筆などの生産用具の調達が難しくなってきているようです。

また、染織や漆器等に用いられる刷毛や、人形づくりにおける彩色・面相筆などの調達に問題があるとの回答もありました。

問題の原因はどこに?

生産用具の確保が難しくなっている原因はどこにあるのでしょうか?

生産用具に関する問題の内容

アンケートへの回答をみてみると、「生産用具の調達先の減少」と回答した産地が31.1%と最も多く、次いで「生産用具を作る人材や育成する人材の不足」の18.9%、「従来の伝統的な生産用具の入手が困難」の4.1%、「生産用具を製作するコストの増加」の2.7%となっています。

生産用具の確保が難しくなってきている原因として、生産用具の調達先や用具を製作する人材の不足によることが大きいようです。

 

コミュニティで情報交換しましょう 
伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワークでは、伝統的工芸品の生産に使用される、原材料や生産用具について、情報交換を行なうためのコミュニティを運営しています。

利用料は無料です。伝統的工芸品の原材料や生産用具の悩みを解決するためにご活用ください!

コミュニティへの参加は、ユーザー登録が必要です。以下のURLで、「登録する」をクリックして、必要事項を入力し、簡単に登録することができます。

伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワーク
http://www.kougei-net.jp/

 

2007/12/27 木曜日

1月1日、伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワークから「コミュニティ」がオープンします!

Filed under: 事務局からのおしらせ — support @ 11:07:18

2008年1月1日、伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワークから「コミュニティ」がオープンします!

伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワーク
http://www.kougei-net.jp/

このコミュニティは、伝統的工芸品の生産に携わる伝統工芸士や企業・団体・研究者のみなさんを中心に情報交換を行なうためのインターネット・サイトです。

伝統的工芸品の生産に使用される、原材料や生産用具について、互いに情報交換を行なうことができます。

利用料は無料です。伝統的工芸品の原材料や生産用具の悩みを解決するためにご活用ください!

コミュニティへの参加は、ユーザー登録が必要です。
以下のURLで、「登録する」をクリックして、必要事項を入力し、簡単に登録することができます。

伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワーク
http://www.kougei-net.jp/

また、新コミュニティのオープンにともない、ネットワークの名称を、「伝統的工芸品生産基盤ネットワーク」から、新たに「伝統的工芸品づくりの材料・道具ネットワーク」へと改称いたしました。

コミュニティに関する技術的なお問い合わせは、
support@kougei-net.jp までお願いします。

 

2007/10/29 月曜日

平成18年度「伝統的工芸品産業調査報告書(経済産業省委託調査)」より[3]  〜どのような生産用具が問題を抱えているか〜

Filed under: 平成18年度の調査より — support @ 11:58:52

このブログでは、昨年(平成18年)、経済産業省の委託事業により全国の伝統的工芸品の産地にアンケート調査した「伝統的工芸品産業調査報告書」から、気になるトピックを紹介しています。

「生産用具」の調達状況

前回、平成18年のアンケート調査で、「原材料の確保に問題を抱えている」と回答した産地組合が全体の43.9%にのぼることをご紹介しました。

今回は、「生産用具」の調達状況について、アンケート調査の結果をご紹介します。(同調査では、全国の209産地にアンケート調査を実施し、196産地の有効回答を得ました。)

アンケート調査によると、生産用具の確保に「問題を抱えていない」と答えた産地は122産地(回答196産地の62.2%)で、他方、「問題を抱えている」と回答した産地は37産地(18.9%)でした。

原材料の調達の問題に比較して、生産用具の調達に問題のみられる産地の数は少ないといえます。

しかし、現実問題として、約2割の産地においては生産用具の調達に問題を抱えており、伝統的な技術や技法への影響が懸念されます。

seisanyougu1_11.gif

図表 生産用具の問題の有無
出典:平成18年度伝統的工芸品産業調査報告書
 

生産用具の問題が多い業種は「織物」や「和紙」

次に、生産用具の調達上の問題の状況を業種別にみてみましょう。

生産用具に関して問題を抱えている産地の割合が他に比べて多いのは、織物(45.2%)や和紙(44.4%)などの業種。

一方、その他繊維製品(0%)、仏壇・仏具(6.7%)、人形(11.1%)、陶磁器(6.5%)、木工品(10.5%)、竹工品(14.3%)などの業種では、生産用具の調達面での問題を抱えている産地が比較的少ないようです。

seisanyougu1_2.gif

図表 アンケート調査のデータ
出典:平成18年度伝統的工芸品産業調査報告書
 

 

おしらせ:
伝統的工芸品の各産地より情報提供いただいたデータに基づくデータベース、「伝統的工芸品生産基盤データベース」を「日本の伝統的工芸品館」ホームページで公開中です。これまであまり知られることのなかった、さまざまな伝統的工芸品の原材料や生産用具の利用状況などを検索することができます。
「伝統的工芸品生産基盤ネットワーク」および「データベース」
http://www.kougei-net.jp/

2007/8/24 金曜日

平成18年度「伝統的工芸品の生産基盤に関するアンケート調査」データベースを公開しました

Filed under: 事務局からのおしらせ — support @ 10:42:16

データベース公開のお知らせ 

平成18年度に、伝統的工芸品の各産地より情報提供いただいた「伝統的工芸品の生産基盤に関するアンケート調査」の結果を、データベースでご覧いただけるようになりました。

伝統的工芸品の産地が抱えている、原材料や生産用具をめぐる問題の内容や対応状況などについて調べることができます。

平成18年度「伝統的工芸品の生産基盤に関するアンケート調査」データベース
http://www.kougei-net.jp/

h18_bitmap.jpg

なお、今年4月より公開されている、平成16年度調査の結果も引き続きご覧いただけます。

 

2007/8/21 火曜日

平成18年度「伝統的工芸品産業調査報告書(経済産業省委託調査)」より[2]  〜どのような原材料が問題を抱えているか〜

Filed under: 平成18年度の調査より — support @ 11:04:51

引き続き、昨年(平成18年)、経済産業省の委託事業により全国の伝統的工芸品の産地にアンケート調査した「伝統的工芸品産業調査報告書」から、気になるトピックを紹介します。

アンケート調査で、「原材料の確保に問題を抱えている」と回答した産地組合は、86組合。全体の43.9%にのぼることは前回ご紹介しました。

調達が難しくなった理由

調達が難しくなっている原材料の中には、墨における「すす」や「にかわ」のように、原材料の生産自体が難しくなり、供給の見通しが困難なものがあります。

また、原木・天然木を原材料に使用する産地では、品質の良い大径木の確保が難しくなっています。

さらに、国産漆・天然漆など、原材料が高価になり、コスト的に調達が難くなったものなどがあります。

アンケート調査では、こうした原材料の調達が難しくなった理由として、「天然資源の枯渇により入手が困難」と回答した産地が26.2%と最も多く、次いで「採取・育成人材の不足により確保が困難」が25.0%、「調達コストの増加により入手が困難」が5.8%となっています。

図表 原材料に関する問題の内容

図表 原材料に関する問題の内容

出典:平成18年度伝統的工芸品産業調査報告書

また、業種別にみると、文具や、人形、工芸用具・材料などの業種で、「天然資源の枯渇により(原材料の)入手が困難」な傾向がみられるようです。

一方、和紙や、竹工品、漆器などの業種では、「採取・育成人材の不足により(原材料の)確保が困難」となっている傾向がみられます。

さらに、「調達コストの増加により(原材料の)入手が困難」な傾向がみられる業種として、仏壇・仏具、文具、金工品などがあるようです。

aiaeoeiaaeiaeaiae2.png

出典:平成18年度伝統的工芸品産業調査報告書

おしらせ:
今回の調査の各産地ごとのアンケート結果を、データベースとして公開してまいります。(公開予定2007年8月24日)

また、平成16年に伝統的工芸品の各産地より情報提供いただいたデータに基づくデータベース、「伝統的工芸品生産基盤データベース」を「日本の伝統的工芸品館」ホームページで公開中です。これまであまり知られることのなかった、さまざまな伝統的工芸品の原材料や生産用具の利用状況などを検索することができます。

「伝統的工芸品生産基盤ネットワーク」および「データベース」
http://www.kougei-net.jp/

2007/7/18 水曜日

平成18年度「伝統的工芸品産業調査報告書(経済産業省委託調査)」より[1]  〜原材料の確保に「問題がある」産地が43.9%〜

Filed under: 平成18年度の調査より — support @ 18:07:30

昨年(平成18年)、経済産業省の委託事業により全国の伝統的工芸品の産地にアンケート調査した「伝統的工芸品産業調査報告書」から気になるトピックを紹介します。

同調査では、伝統的工芸品の生産に必要な原材料の入手状況や、生産用具の確保状況について、全国の209産地にアンケート調査を実施し、196産地の有効回答を得ました。

それによると、原材料の確保に「問題を抱えていない」と答えた産地が109産地あるものの、一方で「問題を抱えている」と回答した産地が86産地(43.9%)にのぼりました。

1-1_new.gif
図表 出所:伝統工芸品産業調査報告書

これら原材料の確保に「問題を抱えている」産地は、平成16年の調査結果(26.5%)より17.4ポイント上昇していることがわかりました。

原材料の確保に問題を抱える産地が全国的に増加していることがうかがえます。

文具、竹工品で、7割を超える産地が原材料の問題を抱える

それではどのような工芸品の生産において、原材料の確保に問題が生じているのでしょうか。

報告書によると、「問題を抱えている」産地の多い業種は、文具が77.8%と最も多く、次いで竹工品(71.4%)、その他工芸品(61.5%)、織物(51.6%)となっています。

文具の生産では、膠(にかわ)や煤(すす)、獣毛、筆軸竹、天然石などの原材料の確保が難しくなっているようです。

また、竹工品では、真竹や孟宗竹、女竹など、用途に応じてざまざまな竹材を原料としますが、これらの多様な竹材の確保が困難になってきているようです。

さらに、手つむぎ糸や苧麻、糸芭蕉などを原材料とする織物の産地でも問題を抱えている傾向がみられます。

1-2_new.gif
図表 出所:伝統工芸品産業調査報告書

本ブログでは、同アンケート調査の報告書に基づきながら、こうした伝統的工芸品の産地が抱えている、原材料や生産用具をめぐる問題の状況について紹介してまいります。

また、同調査の各産地ごとのデータをネットワークデータベースでも閲覧していただけるよう、現在、調査結果のデータベース化作業をすすめています。こちらのデータベースの公開についても、このブログでご案内してまいります。

出典:平成18年度伝統的工芸品産業調査報告書

おしらせ:
平成16年に伝統的工芸品の各産地より情報提供いただいたデータに基づくデータベース、「伝統的工芸品生産基盤データベース」を「日本の伝統的工芸品館」ホームページで公開中です。これまであまり知られることのなかった、さまざまな伝統的工芸品の原材料や生産用具の利用状況などを検索することができます。

「伝統的工芸品生産基盤ネットワーク」および「データベース」
http://www.kougei-net.jp/

2007/3/27 火曜日

伝統的工芸品生産基盤ネットワークがスタートしました!

Filed under: 事務局からのおしらせ — support @ 11:11:38

伝統的工芸品生産基盤ネットワークの公式ブログへようこそ!

平成16年に伝統的工芸品の各産地より情報提供いただいたデータに基づくデータベース、「伝統的工芸品生産基盤データベース」を「日本の伝統的工芸品館」ホームページで公開中です。

これまであまり知られることのなかった、さまざまな伝統的工芸品の原材料や生産用具の利用状況などを検索することができます。

またこれをもとに、インターネットを通じて、伝統的工芸品の原材料や生産用具に関するさまざまな情報交換を行なうための「伝統的工芸品生産基盤ネットワーク」をスタートしました。

db_screen.gif

「伝統的工芸品生産基盤ネットワーク」および「データベース」
http://www.kougei-net.jp

次のページ »

HTML convert time: 0.405 sec. Powered by WordPress ME